渡嘉敷村の座間味昌茂村長(73)は25日までに、10月に行われる村長選に3期目をめざし出馬する意向を固めた。

 座間味氏は村営定期船の新装や新庁舎建設などの住民福祉、慶良間国立公園の指定などの実績を挙げ、「離島への住民の定住化や住居の確保など、公約の実現に今後も取り組みたい」と意欲をみせている。

 同氏は1940年渡嘉敷村渡嘉敷出身。58年糸満高校卒業。61年に村役場入り。94年に村長に初当選して1期務めた。2010年に再出馬し再選、現在は通算2期目。