シードの真和志は投打がかみ合い、沖水に9-2でコールド勝ちした。 3番ネブレトジョデェシィ瑠華の本塁打、4番嘉数篤樹が3本の適時打と主軸がしっかり得点し、七回までに4-2と主導権。八回は下位打線からの6連打で、一気に勝負をつけた。