【東京】八重山教科書問題で、文部科学省の是正要求に応じないことを確認した竹富町教育委員会について下村博文文科相は25日の会見で「(対応を見直す)法的義務を負っているが、これに反する決定をしたとすれば大変遺憾。法律上の義務を果たしてほしい」と述べた。

 今後の対応について下村氏は「ボールは竹富町に投げている」とし、竹富町教委に協議結果を報告するよう求めた。国地方係争処理委員会への審査の申し出の有無などを見極め、違法確認訴訟については「竹富町がどういう手続きを踏むかによって法的な対応については考えたい」と述べた。

 また、地方教育行政法に基づき、東京書籍版を採択することも合法との認識を示す竹富町教委に関して下村氏は、特別法である教科書無償措置法が地方教育行政法より優先すると説明し「正しく法を理解することを意図的にしていないとしか思えない」と批判した。