【浦添】浦添市議会の予算委員会は26日午前1時すぎ、浦添市2014年度予算案について、中学3年生の給食無料化を認めない修正案を8対1の賛成多数で可決した。修正案では、給食無料化のための費用(約5300万円)を不測の事態に備える「予備費」に移した。共産党は反対し、委員2人は委員会運営に抗議して退席した。

修正案について採決する予算委員会の委員=26日午前1時17分、浦添市議会

 最終的な予算案は27日の最終本会議であらためて採決される。

 修正案を提案した市議らは「給食費の財源確保のあり方や(中3のみという)交付対象を再考すべきだ」と説明した。

 これまでの審議では予算案について、小中学校に配置される学習支援員が33人から16人に減ったり、小中学校の部活動に対する謝礼金や県外派遣への補助などが減額されていることを問題視する声が上がっていた。