石川大闘牛大会(主催・石川闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が30日午後1時からうるま市石川多目的ドームで開かれる。3月の“5連発闘牛”最終弾。石川から9頭、他組合から11頭の計20頭が出場する。激戦必至の好カードが目立つ10取組のうち、注目は結びの一番。昨年春全島(王座防衛戦で敗北)以来10カ月休養していた前沖縄全島一の東山優武将が再出場する。5月の春全島出場を見据えた復帰戦だけに、大物の再始動に関心が集まりそうだ。入場料は大人3千円(女性は2千円)で中高校生は千円。

長期休養で体躯充実。復活に闘志を燃やす前チャンピオン東山優武将

“大物食い”に虎視たんたんの卒業記念無双花鷲

石川大闘牛大会

長期休養で体躯充実。復活に闘志を燃やす前チャンピオン東山優武将 “大物食い”に虎視たんたんの卒業記念無双花鷲 石川大闘牛大会

 ■「結びの一番」東山優武将対卒業記念無双花鷲

 優武将は昨年5月、第99回春の全島闘牛大会で古堅モータース☆若力に敗れ、王座陥落。2度目の防衛を果たせず、デビュー以降の連勝も10で止まった。体重差150キロ、闘牛界一の巨漢若力に真っ向から対峙(たいじ)し、15分余も持ちこたえた勝負根性は高く評価したい。

 長期休養で完全充電し、気分よく再スタートすることになったが、以前より戦いの質を上げてくる可能性があり要注目だ。地力を出し切れば、相手牛との力関係から順当勝ちが予想される。

 卒業記念無双花鷲は旧名けんたろう。2012年は4連勝と華々しい活躍。春秋の全島では戦闘HABU、ダイナマイト一撃に勝利するなど一躍人気花形牛の仲間入りを果たした。さらに快進撃が続くかに見えたが、昨年春の全島でミツケ紅雲に敗れたのを境に“勢い”がなくなった。

 その後は一進一退だが、ここで大物を食って再上昇となるかどうか。意外性のある雰囲気を持っており、大番狂わせも夢ではない。

 ■「3番戦」琉仁謝名親方対常勝会龍虎

 この一番はリターンマッチで昨年3月の選抜闘牛では謝名親方が勝った。以来かなり調子を上げている龍虎の雪辱なるかが焦点だ。親方は軽量級の前チャンピオン。2月の旧正月準全島で大蛇王に敗れ王座を失った。早くも再起のリングに上がるが、どこまで調子を戻しているか。負けを引きずらないタイプに見えるだけに、期待していいだろう。沖縄復帰後(徳之島に一時移籍)4勝目を狙う。

 龍虎は沖縄でデビューし、徳之島で大活躍した実力牛。名前を何度か変えているが、“闘鬼”といえばファンは周知だろう。沖縄に戻った後は一進一退だったが、最近は3連勝と調子を上げている。今回さらに白星を伸ばして名前どおり常勝一途、最も強さを発揮していた徳之島時代にどこまで近づいているのか興味津々だ。(又吉利一通信員)