第51回沖縄タイムス教育賞の贈呈式が26日、那覇市久茂地のタイムスホールで開かれ、学校現場で優れた研究をした3氏に贈られた。

沖縄タイムス教育賞を受賞した(左から)金城靖信氏、西銘美恵子氏、上江洲朝男=26日午後、那覇市久茂地・タイムスホール

 受賞したのは、西銘美恵子さん(59)=屋我地中教諭、上江洲朝男さん(52)=那覇市立教育研究所指導主事、金城靖信さん(50)=宜野湾高教諭。

 沖縄タイムス社の豊平良孝社長は「3氏は実践を通して子どもに寄り添うだけでなく、多くの教職員に成果を惜しみなく公開している。教育界向上に多大な貢献をした」とたたえた。

 受賞者を代表してあいさつした西銘さんは「生徒や保護者、地域の皆さんの強い支え合っての受賞」と感謝。「授業の力を信じて地道に実践してきてよかった。今後も気を引き締めて職務を全うしたい」と決意を新たにした。