男子69キロ級は宮本昌典(沖縄工)の独壇場だった。 スナッチ、ジャーク、トータルいずれも大会新。トータル272キロで2位に39キロの大差をつけた。それでも、練習では126キロを挙げているスナッチは2本目に失敗し、3本目でやっと122キロに成功した。