高校野球の第61回県春季大会第6日は27日、沖縄セルラースタジアム那覇ほかで3回戦4試合を行い、陽明、石川、糸満、読谷が8強入りした。

 読谷は九回に2本のスクイズを決め3-2で宮古にサヨナラ勝ちした。石川は3点を追う九回に一挙4得点し、6-5で久米島に逆転勝ちした。

 陽明はエース具志堅光が沖縄工を完封し、6-0で下した。糸満は第4シードの真和志に12-2で3試合連続のコールド勝ちだった。

 第7日は29日、同球場ほかで3回戦残り4試合を行い、8強が出そろう。

[27日の試合]

 ▽3回戦
 陽 明 6-0 沖縄工
 石 川 6-5 久米島
 糸 満 12-2 真和志
 読 谷 3-2 宮 古

[28日の試合]

 ▽3回戦

 〈宜野湾、10時〉
 宜野座 - 西 原
 嘉手納 - 北中城

〈セルラー那覇、10時〉
 豊見城 - 小 禄
 コ ザ - 昭薬付