那覇市小禄と樋川で26日、高齢の女性を狙った計2件のひったくり事件が発生した。県警によると、いずれも被害者の背後から1人乗りの黒っぽいスクータータイプのバイクで近づき、手提げバッグなどを奪う手口。同様の手口の犯行が17日以降の10日間で計4件起きているが、いずれも犯人は捕まっていない。県警が関連性も含め捜査を進めている。

 那覇署によると、26日午前10時半ごろ、市樋川1丁目の路上で近くに住む女性(84)が、現金2万円などが入った手提げバッグを奪われた。バイクは開南せせらぎ通り方面に逃走したという。

 また豊見城署によると、同日午後7時35分ごろ、市小禄1丁目の県道で、横断歩道の信号待ちをしていた豊見城市の女性(82)に、歩道に乗り上げてきたバイクが背後から近づき、現金約5千円入りのバッグを奪い、奥武山方面へ逃げた。

 那覇市内では、17日に市安里で女性(39)が現金2千円の入ったバッグを、24日には同市寄宮で女性(67)が現金約2万円の入った巾着袋を奪われる事件が発生している。