【センバツ高校野球取材班】第86回選抜高校野球大会第7日は28日、甲子園球場で2回戦を行い、沖縄尚学は8―1で白鷗大足利を破って、6年ぶりにベスト8進出を決めた。

白鴎大足利-沖尚 6回裏沖尚1死一、三塁、上原康汰の右犠飛で三走・西平大樹が生還=甲子園球場(田嶋正雄撮影)

 沖尚は野手全員で12安打を放って8得点と打線が爆発した。

 沖尚は1―1の同点で迎えた六回1死一、三塁で初回に同点打を放った5番上原康汰の右翼への犠飛で三走の西平大樹が生還して逆転に成功。七回には2番久保柊人の2点二塁打、3番西平の適時三塁打でリードを広げた。八回にも3点を追加した。

 投げてはエース山城大智が8安打を許しながらも初回の1失点のみで持ちこたえ、完投勝ちした。

 沖尚は大会第9日の30日、初出場の豊川(愛知)と4強入りを懸けて準々決勝で戦う。