県議会は28日夕、2月定例会最終本会議で、県政で過去最大となる7239億円の2014年度当初予算案を賛成多数で可決した。野党が提出した仲井真弘多知事の訪米費を削除する修正案は賛成少数で否決された。

 中立会派のそうぞうが提出した一括交付金で町村が負担する事業費の1割を県予算から充当するよう求める動議は全会一致で可決した。