大型クルーズ船ターミナル「那覇クルーズターミナル」の完成式典が28日、那覇港の若狭バースで開かれ、関係者約100人が出席した。4月1日から供用開始される。

完成した那覇クルーズターミナル

 ターミナルは、地上2階建てで延べ面積約4500平方メートル。1階はバス・タクシーの待機場、観光案内所があり、2階に税関などの出入国審査16ブース、待合スペース、伝統工芸品展示スペースなどを整備。総事業費は約12億円。

 那覇港への2013年のクルーズ船寄港回数は56回(乗客約6万6千人)と横浜、神戸に次いで全国で3番目。今年は88回の寄港を見込み、那覇港管理組合はクルーズ船寄港の経済効果を約42億円と試算している。

 式典に出席した仲井真弘多知事は「那覇港は国際物流・クルーズ船が来る港として国内で脚光を浴びている。クルーズは沖縄の観光産業の発展に大きなウエートを占めている。立派な施設ができてうれしい」とあいさつした。