2番久保柊人と3番西平大樹がともに3安打ずつを放ち、存在感を示した。 変化球主体の相手エースに対して「迎え入れて低い打球を」と、練習してきた成果を存分にみせた。