中城村出身で白鷗大足利のエース比嘉新(嘉数中出)が、健闘むなしく散った。チームの誰よりも「打倒沖尚」を心に誓い、力投を続けた背番号1は「甘い球を狙われた」と唇をかんだ。 初回に1点を失ったが、変化球を低めに集める丁寧な投球で、二回以降は沖尚打線に的を絞らせなかった。