Q 「集団的自衛権」って何?

 A 集団的自衛権は日本が仲のいい国、例えば同盟を結んでいる米国が他の国から武力で攻撃されたときに、日本が被害を受けていなくても助けられる権利なんだ。世界の国に認められているよ(国連憲章51条)。

 Q どうしてその権利を日本が使うと問題になるのかな。

 A 日本は憲法の9条で「戦争と武力による威嚇または武力の行使は国際紛争を解決する手段として永久に放棄する」としていて、世界でも貴重な平和憲法として知られているんだ(戦争の放棄)。

 1981年には、自衛隊が集団的自衛権を行使できるかどうかを国会議員に質問された当時の鈴木善幸内閣が、憲法9条で許される自衛権は日本を防衛するための必要最小限の範囲にとどまるべきだとして「集団的自衛権はその範囲を超え、憲法上許されない」という考えを決定したんだ。

 この考え方は政府の最高の決定機関である首相と大臣全員が参加する「閣議」で決定されて、それ以降の内閣も引き継いできたよ。

 Q 集団的自衛権のメリットとデメリットはなんだろう?

 A 一般的には、同盟国や国連の加盟国が武力攻撃を受けたときに助けられる(国際協力)ことで、お互いの信頼を深めるメリットがあると言われるね。逆に、日本は過去の戦争を反省して平和憲法になったのに集団的自衛権を使えば、本来関わらなくてもよい戦争に巻き込まれてしまうという心配の声もあるよ。

 Q どうして安倍晋三首相は今になって容認しようと考えているの?

 A 核、ミサイル問題のある北朝鮮、尖閣諸島をめぐって中国との関係が不安定になっているとされることも理由の一つだね。そして、同盟を結んで沖縄をはじめとする日本国内に基地を置いている米国が攻撃されたときに日本の自衛隊が助けることができなかったら、米国との関係が悪くなることも心配している。

 Q 集団的自衛権の行使と沖縄ってどう関係するのかな?

 A 行使に反対する人は日本がそもそも戦争ができる国になることを心配しているんだ。そして、日本が戦争をできるようになるとほかの国を刺激することになって関係が悪化して、米軍基地が集中している沖縄が攻撃のターゲットになってしまう可能性を指摘する声もあるね。

 賛成、反対の意見はいろいろとあるんだけど、安倍首相の自民党と一緒に政府をつくっている公明党の中でさえ、慎重に考えるべきだという声があるんだ。それくらい、国民全体がまとまったとはいえない状況だから、十分な議論が必要だね。(政経部・銘苅一哲)