石川と陽明の一戦は1-1の延長十一回、石川の主砲の小渡太生志が右前サヨナラ打で終止符を打った。 打線は四回に先制したが、陽明エースの具志堅光に低めを突かれ、十回まで4安打と沈黙。十一回2死三塁、この日ノーヒットの小渡は、外角高めの直球を逆らわずに打った。「きょうは引っかけてばかり。