宜野座が三回に4連打を含む6安打4得点の猛攻で逆転に成功し、小禄を退けた。 「つないでビッグイニング。狙い通り」。無死満塁から逆転2点適時打を放った4番宜野座颯は、持ち味の集中打に胸を張った。 各打者とも後続を信頼していたからこそ意識したのは単打だった。続く5番當眞圭介の送りバントで、二、三塁。