【愛知県で花城克俊】ハンドボールの第37回全国高校選抜大会最終日は30日、愛知県豊田市総合体育館で行われ、男子決勝で興南が春日丘(愛知)を31-25で下し、9年ぶり5度目の優勝を飾った。

優勝を喜ぶ興南の選手たち=30日、愛知県豊田市総合体育館(田嶋正雄撮影)

 決勝戦は、地元の大声援を受ける春日丘に対し、序盤にリードを許したが、前半10分すぎに下地利輝らが4連続得点を挙げて逆転に成功し、主導権を握った。

 後半2分に下地の得点で猛攻の口火を切ると、13分には最大の12点差にリードを広げた。守備では田里亮稀を中心に、相手の突破を寸断。GK宮國央芽も2本の7メートルスローを全て阻止するなど、好セーブを見せて追撃を許さなかった。