4月から施行される薬事法の一部改正で、これまで禁止されていた脱法ドラッグの成分に含まれる指定薬物の輸入、販売、製造に加え、所持や使用、購入も禁止の対象となる。