石川大闘牛大会(主催・石川闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が30日、うるま市石川多目的ドームで開かれた。3月“5連発闘牛”締めの大会で、県内外から約800人が詰め掛け、10組の対戦を楽しんだ。観客は砂煙を上げて押し合う巨体にくぎ付けになり、力感あふれる攻防に肩を揺らす。2頭の牛が重ね餅で柵に激突する大迫力場面も再三あり、延々2時間にわたって闘牛の醍醐味(だいごみ)を満喫した。

卒業記念無双花鷲(右)に腹取りを決める東山優武勝=うるま市多目的ドーム

石川大闘牛大会

卒業記念無双花鷲(右)に腹取りを決める東山優武勝=うるま市多目的ドーム 石川大闘牛大会

 注目を集めた結びの一番は東山優武勝(前沖縄全島一)が9分余で卒業記念無双花鷲を下した。両牛、数秒のにらみ合いからすぐに交角。一呼吸置いて優武勝が強引な押し込みに出たが、花鷲は左からのカケ(相手の首をねじる)でこの押し込みを止めた。

 その後も間隔を置きながら優武勝の攻勢は何度か続いたが、その都度花鷲はこのカケ技で対抗した。優武勝の攻勢がその都度止まり、花鷲の善戦に場内がどよめく場面も。

 膠着(こうちゃく)した勝負が動いたのは9分20秒すぎ。防戦一方で疲れた花鷲の足元が軽くなり、ここを勝機とばかり優武勝が猛然と押し込んだ。この攻めで花鷲は横向きにされ、あっという間に柵際に。間髪を入れず優武勝の強烈な腹取りが決まり、勝負が決した。

 優武勝は通算11勝目。昨年5月春全島大会で王座陥落したが10カ月ぶりに復活した。やや格下相手とはいえ、文句なしの内容で勝利し、存在感を高々とアピールした。

 3番戦は今大会の目玉カードだったが、琉仁謝名親方が8分余で常勝会龍虎に完勝。この一番はリターンマッチだったが、前回同様親方の勝利となり、見事な返り討ちとなった。親方も今年2月に軽量級王座を明け渡しているので、こちらは早々の復活劇となった。 (又吉利一通信員)