沖縄銀行(玉城義昭頭取)は31日、琉球大学産学官連携推進機構(仲座栄三機構長)と連携協定を結んだ=写真。両者は、定期的な情報交換会を開き、琉大の研究成果を事業化していく方針。沖銀が実施している寄付講座などの人材育成支援も充実させる。

 同日、那覇市の沖銀本店であった調印式で、玉城頭取は「琉大の持つ研究成果を活用し、地域の活性化に貢献したい」と意気込みを語った。仲座機構長も「金融機関が計画段階から事業にかかわることで、事業推進につながっていく」と今後の進展に期待した。

 沖銀は、製造業や農業の分野で琉大の研究成果を商品開発などに活用するほか、商品開発後は販路拡大支援なども実施し、産業の育成につなげたい考え。

 また、琉大法科大学院生を受け入れ、司法試験合格を後押しするリーガルアシスタントを継続したり、同大が開催する学生ビジネスアイデアコンテストに協力するなど人材育成面でも支援する。