憧れだった甲子園のマウンドに初登板した久保柊人が、三回から7回1失点と好投。打線の反撃を待ったが、7点差をひっくり返した明治神宮大会決勝の再現とはいかず、悔しさをにじませた。 序盤に5点を追う展開での登板ですぐに1点を失い、「立ち上がりに点を取られたのは反省」と、いつも通りに自分に厳しい評価。