中核市移行による成果と今後の課題を翁長雄志市長に聞いた。(聞き手=社会部・吉川毅) ―中核市1年の取り組みは。 「一番大きなことは那覇市保健所の設立だ。2011年度から職員を県に派遣して実務習得に努めた結果、スピード感を持った施策が実行できた」 「移行直前、市内の小学校で結核集団感染が発生した。