沖縄国際大、沖縄キリスト教学院大・同短期大、沖縄女子短期大の入学式が1日、各校であった。

入学生を代表して宣誓する上江洲祐弥さん=1日、那覇市長田・沖縄女子短期大学

 沖縄女子短期大(鎌田佐多子学長)では、真新しいスーツに身を包んだ新入生245人が式に参列。同大は2004年から男子学生を受け入れており、今年は16人が入学した。各学科長から一人ずつ名前を呼ばれると、新入生は晴れ晴れとした表情で「はい」と返事をして立ち上がった。

 鎌田学長は「自己がどう生きるかを考え、人生を切り開いてほしい」とあいさつ。児童教育学科の上江洲祐弥さん18は「生徒に沖縄戦のことを伝えられる小学校教諭になりたい。大学で仲間を集めて、体験者の話も聞きたい」と力強く抱負を語った。

 県立芸術大は2日、県立看護大、名桜大は3日、沖縄大、琉球大は4日に入学式がある。