新年度が始まった1日、県内企業で入社式が開かれ、各企業のトップが訓示し、新入社員にエールを送った。各トップは、業務への使命感や地域貢献、周囲とのコミュニケーションの重要性、既成概念にとらわれない柔軟な発想、主体性や行動力、時代の変化に対応できる専門性、変革やグローバル化を促し、新戦力の活躍に期待を込めた。

金城棟啓頭取(右)から採用辞令を受け取る新入行員=1日、琉球銀行本店

 琉球銀行には、合わせて61人が入行。真栄原支店に配属された末吉くりあさんは「リーディングバンクとして、沖縄の発展に貢献した琉銀の行員としての重責を感じている。同期と共に成長して、新たな沖縄の歴史を築いていきたい」と決意を述べた。