南大東島でラム酒を製造するグレイスラム(金城祐子社長)がこのほど、三重県の伊勢神宮「外宮(げくう)」にラム酒3種(コルコルアグリコール、コルコル、アグリコール25)を奉納した。「外宮奉納」は伊勢商工会議所の事業で村商工会の推薦で実現した。

金城社長(左から3人目)が外宮へのラム酒奉納を仲田南大東村長(同4人目)に報告した=同村役場

 外宮は、天照大神の食を取り仕切る神「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」を祭る神社で、伊勢神宮への奉納は外宮が受け付ける。今回の「外宮奉納」は県内酒造会社として初めて。

 金城社長は3月、仲田建匠村長に奉納を報告、村の協力に感謝した。

 仲田村長は「多くの困難を乗り越えてここまで来たが、今後も地場産業の振興や雇用の拡大のために活躍を期待したい」と激励した。(東和明通信員)