那覇商工会議所は、中小企業経営者の高齢化や後継者不在などによる事業承継の問題に対応するため、1日から「県事業引き継ぎ支援センター」を開設している。

 経済産業省の委託事業でセンター設置は全国で13カ所目。中小企業の譲渡や承継に関する知識やノウハウを持つ専門家が公正・中立な立場でアドバイス、情報提供、企業間のマッチングを支援する。同会議所の会員・非会員を問わず相談は無料。各専門家には守秘義務が課せられている。

 同センター統括責任者の羽田晶年氏は「沖縄は全国に比べ、経営者の高齢化が進んでおり、事業承継が課題になっている。廃業する企業が増えれば、地域経済や産業育成に与える影響が大きい。悩みがあれば、ぜひ相談してほしい」と話している。

 同センターの窓口相談は平日午前8時半~午後5時、電話098(941)1690まで。