石川は、糸満の終盤の勢いに屈した。 エース與那嶺光が大会前の練習で顔にボールを受けた影響で十分な調整ができず、2回戦から登板がなかった。先発浜川優馬は「相手は全員が4番打者と思って投げた」と中盤まで抑えたが、大技小技で畳みかける糸満打線を止められなかった。