宜野座は、腰を痛めたエース伊保拓海を温存したまま決勝進出を決めた。 全試合で先発の知念諄也は最速120キロ台ながら、落差の大きいカットボールを武器に8回1失点。「変化球を低めに集めきれた」とコザをほんろうした。変化球を見極められた七回も、2死満塁から内野安打の最少失点でしのいだ。