那覇市立那覇小学校と幼稚園(兼浜みどり校長)の開校式が4日、同小であり、児童がくす玉割りや校歌を歌い、新しい学校の一歩を祝った。同小は久茂地小と前島小が統合し、市内で38番目の開校。新しい友達との出会いに児童数428人、園児39人の笑顔が校舎にあふれていた。

学校の誕生会でシャボン玉のパフォーマンスに歓声をあげる子どもたち=4日、那覇市前島・那覇小学校

 式典では、児童全員で「新しい学校が力強く出発します」「みんなで那覇小の歴史をつくります」と声をそろえ、琉球音階を取り入れ「ハイサイ│」で始まる新しい校歌を披露。

 式典後には児童が司会などを務めて学校の誕生会を開き、紙でつくった大きなケーキとバースデーソングで、駆け付けた保護者や地域住民とともに開校を喜んだ。

 児童を代表してくす玉を割った末吉和仁君(6年)は「僕は久茂地小だったけど、前島小だった新しい友達と仲良くなれるのが楽しみ」と声を弾ませ、桃原侑子さん(同)は「みんなで那覇小をいい学校にしたい」と話した。