領土教育を重視する安倍政権の意向を酌む形で、来春から使われる小学校の社会科教科書全てが尖閣諸島について記述した。政府見解を一方的に教えるだけでは近隣諸国への敵意をあおりかねず、沖縄にとっては危険でさえある。