沖縄ポッカコーポレーション(長野真知社長)は7日から、新商品「爽琉(そうりゅう)ブレンド茶」を県内で販売する。同社が契約栽培するオオバギを飲料では初めて配合するなど、健康を気にする人にも気軽に飲める商品にした。

爽琉ブレンド茶をPRする長野社長(右)=4日、沖縄タイムス社

 商品は、さんぴん茶、ウーロン茶、プーアール茶をブレンドし、オオバギのほか、ゴーヤーやグアバ、ウッチンを配合した。

 4日、沖縄タイムス社を訪れた長野社長は「さんぴん茶の爽やかな香りも楽しめる飲みやすい商品に仕上がった」と述べた。

 希望小売価格は、どちらも税別で500ミリリットル入りが140円、2リットル入り330円。県内のスーパーやコンビニなどで販売する。

 発売に合わせて、手作り自然せっけんや500円分のクオカードなどが抽選で当たるキャンペーンも実施する。

 また、グループ会社のポッカサッポロフード&ビバレッジは14日から、ホップを使った無糖炭酸飲料「グリーンシャワー」を全国で販売する。