【伊江】伊江村東江上区のフラワーガーデン古堅農園(古堅潔代表)で、ハナビシソウやアイスランドポピーなど色とりどりの花が咲き、春らんまんの景色が広がっている。ことし開園10年を迎え、古堅代表と妻直子さんが愛情たっぷりに手入れした約9900平方メートルの農園には、約50種の花々でいっぱいだ。

晴れた休日に花見を楽しむ来園客=3月22日、伊江村のフラワーガーデン古堅農園

 農園は村リリーフィールド公園から徒歩約15分。ビロードのような花を咲かせるアメジストセージも咲く。農園は古堅夫妻の花好きが高じて開園。2012年には「美ら島おきなわ花と緑の100選」に選ばれ、花の名所として村民にも親しまれている。

 現在は12日開催の伊江島一周マラソン大会や19日~5月6日開催のゆり祭りに合わせ、園内の花の手入れや販売用苗の準備に余念がない。

 古堅夫妻は「お勧めは、ゴールデンウイークに満開予定の約100メートルのコスモスロード。色とりどりの花々で心を癒やしにお越しください」とPRした。花の開花状況は農園のホームページでも確認できる。

 問い合わせは古堅さん、電話090(1871)9231。(屋嘉比りさ通信員)