海邦銀行SCが後半4発を放って三菱重工長崎を突き放し、開幕連勝スタートを切った。 0-0の後半5分、照屋靖人が先制点を挙げるも、1分後には同点。同10分に島袋貴男が2点目を放つも、再び3分後には追いつかれた。嫌なムードが漂ったが、冬場に走り込みを強化した海銀の足は止まらない。