帝国データバンク沖縄支店は7日、県指名ランク特A工事業者の売上高ランキング(2012年11月期~13年10月期)を発表した。倒産企業を除いた107社の売上高合計は前期比4%増の2585億5500万円で2年連続の増加となった。

 沖縄振興予算の増額で公共工事が増え、県内景気の拡大で民間工事も好調だった。税引き後当期損益の黒字企業は7社減の92社で、赤字企業は7社増の15社。消費増税前の駆け込み需要で、人材不足による人件費の高騰や、受注が急激に増えたことによる工期遅れの経費負担で赤字企業が増えた。