帝国データバンク沖縄支店は7日、県指名ランク特A工事業者の売上高ランキング(2012年11月期~13年10月期)を発表した。倒産企業を除いた107社の売上高合計は前期比4%増の2585億5500万円で2年連続増加。沖縄振興予算の増額で公共工事が増えた上、県内景気の拡大で民間工事も好調だった。税引き後当期損益の黒字企業は7社減の92社で、赤字企業は7社増の15社。消費増税前の駆け込み需要による急激な受注増で、人手不足が生じ人件費が高騰したほか、工期遅れの経費負担もあり、赤字企業が増えた。

県内特A工事業者売上高ランキング(2012/11~2013/10)

 一方、黒字企業の利益合計は35億7765万円と8・4%増加。値下げ競争に陥らない技術力や、コスト削減ノウハウを持った企業が収益を増やしていく構造が鮮明となった。赤字企業の合計は285%増の11億8648万円だった。

 売上高トップは國場組で226億円。受注高が落ち込み、8・3%減少した。2位の沖電工は大口の建築工事の受注があり、3・6%増の151億4300万円だった。次いで、大米建設、金秀建設と続いた。売上高100億円以上の上位4社の合計は、全体の22・8%を占めた。売上高の伸びた増収企業は63社で、減収企業の44社を上回った。

 同支店は、那覇空港第2滑走路増設工事などの大型工事もあり、次年度も受注は好調に推移すると予測しているが「経費負担の増加や増税後の反動減が懸念される」としている。

 調査は、同支店の企業データベースから、特A業者を抽出。12年11月~13年10月に終えた決算を基に分析した。