沖縄戦のさなかに家族と生き別れた孤児の身元判明につなげるため、遺骨収集ボランティア団体「ガマフヤー」は厚生労働省に対し、DNA鑑定を希望する孤児と家族から検体を採って照合するよう、5月に要請する。高齢化した家族や元孤児は「残された時間は少ない。