県内各地の小学校で8日、入学式がピークを迎えた。県内の新1年生は269校で約1万6千人。那覇市立神原小学校(山田義紀校長)では、ぴかぴかの新1年生60人が小学校生活のスタートを切った。

入学式で笑顔をみせる新1年生=8日午前、那覇市・神原小学校

 入学式で、新入生は6年生のお兄さんお姉さんと手をつないで入場。声をそろえ「みんなと仲良く頑張ります」とお辞儀をした。山田校長は「小学校にはどきどきわくわくすることがいっぱい。元気よく登校してください」と呼び掛けた。

 田港ももさん(6)は、新しい茶色のランドセルを抱え「クラスのみんなと早くお友達になりたい。国語のお勉強が楽しみ」と笑顔をみせた。