県企画部はこのほど、新たに県民の「幸せ」感や自己像にも焦点を当てた第8回県民意識調査(2012年10月実施、対象2千人)の最終結果を公表した。約8割の県民が「幸せ」を実感しており、家族関係や健康状態が「良好」と思っている人ほどより強く「幸せ」を感じていることが明らかになった。