【久米島】生徒数減少と園芸科存続の危機を解決しようと、島外から5人を受け入れた県立久米島高校(半嶺通男校長)の入学式が7日、同校で行われた。

(前列右2人目から)荒井竜馬君、中村柊真君、桃原大成君、宮城みのりさん=7日、久米島高校

 本島3人、神奈川1人、東京1人の5人の「島留学生」を含めて87人が入学。

 半嶺校長は「本校は歴史始まって以来の大きな変革の時期を迎え、『壮大な試み』にチャレンジしている」とあいさつ。

 留学生らは、里親制度で家族の一員として3年間を過ごす。

 新入生を代表して、宮城みのりさん(北中城中出身)は「園芸科では無農薬栽培等について学び、『食の安全』を守ることで社会に貢献したい」と決意を述べた。

 中村柊真(とうま)君(神奈川・日吉中出身)は「久米島はベスト、来て正解。一からやり直す」、荒井竜馬君(東京都・梅丘中出身)は「自然豊かな島。部活と勉強の両立で医学部を目指す」と抱負を語った。桃原大成君(那覇市・城北中出身)は、「久米島で学ぶことを将来に役立てたい」と目標を話した。(比嘉正明通信員)