【東京】小中学校で使う教科書を選ぶ際の手続きを詳しく定めた改正教科書無償措置法が9日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。採択地区ごとにどの教科書を使うかを検討する協議会を設置し、市町村にはこの協議会が選んだ教科書の使用を義務づける。来年4月1日に施行、2016年度に使用する教科書の採択から適用される。

 法改正は八重山地区で中学の公民教科書が一本化できない問題が起きたことが契機となった。改正法では採択地区の構成を「市郡」から「市町村」に見直すため、法令上は県教育委員会の判断で竹富町単独での採択が認められることになる。

 しかし文部科学省は「八重山は共同エリア」とし、採択地区の設定が不適切だと判断した場合は「指導、助言することもあり得る」と指摘。竹富町が独自に採択する動きをけん制している。