八重山地区で異なる中学校公民教科書が使われている問題で、竹富町教育委員会(大田綾子委員長)は10日に臨時会を開き、単独で教科書を採択できるよう協議会から離脱する方針を固めた。県教育委員会も地元の判断を尊重する意向。地区設定を柔軟化した改正教科書無償措置法が施行される来年4月1日以降、八重山地区は分割される見通しになった。

 文部科学省は、採択地区協議会の答申と違う教科書を使っている竹富を教科書無償措置法違反として3月に是正要求を出しており、離脱すれば、こうした「違法状態」は解消する。

 竹富町の慶田盛安三教育長は「学校の教育課程は自分の地域の特色、文化が大事。(採択地区は)小さければ小さいほどいい」と述べ、単独採択を目指す意向を表明。大田委員長も「県とテーブルについて話し合っていかないといけない」と述べた。

 ただ、文科省は改正教科書無償措置法について「採択地区を決める権限は県教委にある」としつつ、文化や地理的な条件から八重山地区の分割は望ましくないと強調。下村博文文科相も「(採択地区設定で)不適切な事例が見られる場合は文科省として指導、助言することはあり得る」とけん制している。

 町教委は臨時会で是正要求への対応も協議。第三者機関の国地方係争処理委員会への審査申し立ては見送る見通しだ。11日に正式に会見を開いて説明する。

 竹富町と石垣市、与那国町の各教委でつくる八重山採択地区協議会は2011年、保守色の強い育鵬社版を答申。しかし竹富町教委は、教員の意見を反映する制度が廃止されるなど手続きに疑問があるとして、独自に調査して東京書籍を採択した。12年度からは民間の寄付で東京書籍版を調達し、無償で生徒に配っている。

県教委「判断を尊重」

 竹富町教育委員会が八重山採択地区からの離脱方針を固めたことに、県教委の諸見里明教育長は「まだ正式な話は聞いていないが、責任と権限のある町教委がさまざまな観点から検討した上で判断したのならば、県教委としては尊重する。分割に向けて協議することになるだろう」と述べた。