県教育庁が、県立開邦高校(南風原町)に中学部の設置を検討していることが11日分かった。実現すれば、併設型(設置者がともに県)の公立中高一貫教育校としては県内2番目となる見通し。施設整備の規模によるが、開校までに3年程度を見込んでいる。

 諸見里明県教育長は「一貫教育の長所を生かして優秀な人材を育成したい」と意欲を示した。

 中学部は1~2クラスを想定している。一貫教育に適したカリキュラムを編成し、高い学力を身につけさせる。校区などについては、今後検討する。校舎は開邦高校の敷地内に新設するか、既存の校舎を利用する。

 県内にある併設型公立中高一貫校は、県立与勝緑が丘中学校・与勝高校(うるま市)だけ。