バスケットボール女子のWリーグは11日、今季レギュラーシーズンの表彰選手を発表し、新人王にデンソーのガード、伊集南(糸満高-筑波大出)が輝いた。伊集は「苦い経験の多かったシーズンだったが、周りのサポートのおかげで取れた」と感謝。「プレーオフがまだ残っているので、チームの勝利に貢献し、日本一を目指す」と、17日からのJX-ENEOSとのファイナルへ気を引き締めた。

伊集南

 MVP(最優秀選手)はデンソーのセンター、高田真希が初選出。ベスト5は高田、吉田亜沙美、渡嘉敷来夢(以上JX-ENEOS)川原麻耶、栗原三佳(以上トヨタ自動車)となった。