大会初出場で優勝を飾った喜友名俊二(31)=うるま市=は、「まさか勝てるとは思わなかった」と驚きながらも、「とてもうれしい」と笑顔を見せた。 レース序盤、大会5連覇が懸かった大城大地(8位)と並走。