夏の全国高校野球選手権沖縄大会のシード順位を決めるチャレンジマッチが12日、コザしんきんスタジアムで行われた。春の選抜大会で8強入りした沖縄尚学が、同じく選抜に出場した美里工、県春季大会優勝の糸満にそれぞれ2-1で連勝し、第1シードの座を手にした。糸満は1勝1敗で第2シード、美里工は2敗で第3シードとなった。沖尚は、第2試合の美里工戦で、1-1の同点で迎えた九回に、渕上大蔵が中越え二塁打を放ってサヨナラ勝ち。続く糸満戦でも、1点を追う四回に、渕上が2点適時三塁打を放って逆転に成功し、山城大智、久保柊人の継投でリードを守り切った。糸満は、第1試合で美里工先発の伊波友和を攻略し、3回までに3点を奪って主導権を握った。