4季連続の甲子園出場を目指す沖縄尚学が、渕上大蔵の活躍で2連勝し、夏の甲子園県大会の第1シードの座をつかんだ。ともに2-1の接戦を制した比嘉公也監督は「よく1点差ゲームを勝てた」と胸をなで下ろした。 初戦の美里工戦で途中出場の渕上がサヨナラ打を放ち、勝利して迎えた糸満戦。