打線が湿った美里工業は2敗で、夏は第3シードとなった。 糸満戦はエース赤嶺祥吾を攻略できず打線は散発4安打。沖尚戦も神里廣之介に低めに集められ、打ち崩すことができなかった。 打線の中軸を担う3番宮城諒大、4番花城航は両試合とも無安打だった。