優勝を決めた瞬間、ゆんたく居酒屋ぶんじのエース大城政十は派手なガッツポーズで、雄たけびを上げた。初戦から3連投。「疲れはあったが、捕手とバックを信じて投げた。みんなのおかげ」と喜びをあらわにした。 直球とカーブで緩急をつけ、凡打の山を築いた。追い込むと、得意のスライダーで6奪三振。