琉球の3試合ぶりの勝利はならなかった。シュート数は相模原5に対し、琉球は倍以上の14。今季初めて先発出場したFW中山悟志は「決定力不足」と押し気味の引き分けに、悔しさをかみしめた。 前半琉球は、開始早々から元日本代表の高原直泰を中心とした相手攻撃陣に攻め込まれた。